デメリット 合わない人

デメリットというか合わない人もいる

簡単に白髪染めができる利尻昆布シャンプーですが、デメリットもあるようです。

 

効果がない、すぐに落ちる
これは市販の毛染めと同じと考える方にとつては、物足りないと感じられる方はいます。
トリートメント成分とか良いから、とにかく早く染まりたい方にとっては、少しずつ染まっていく工程は、イライラしてしまう方もいます。
工夫として、シャンプー後にすぐにすすがないで、髪にシャンプーを置き、シャンプーハットなどでしばらく置く方法があります。
それでも、ヘアカラーの効果しかないため、ガッチリ染まってくれることを期待する方は、利尻昆布シャンプーは使えないと評価することでしょう。

 

色が気に入らない

シャンプーですが、4種類あります。
しかし、微妙に色が気に入らないお客様も多いです。
染まり方が少しずつだからこそ、商品情報にあるような染まり方をしないという不満の声もあります。
ヘアマニキュア以上、毛染め以下程度の効果と考えるのが妥当ですが、デメリットの投稿者も少なくないです。
カラーがダメと言うかたは、最初から使えないと思ってしまうのは仕方のないことです。

 

無添加だけど、キシキシ感がある

これについては、アミノ酸系シャンプーであることで、使い始めはどうしてもきしみます。
しかし、それは本来の髪の質であり、“使用を続ける”ことで、アミノ酸系シャンプーの効果が発揮されます。
シリコンシャンプーからノンシリコンや植物由来のシャンプーを使ったときには、違和感を感じますが、それで使わない方もいます。
もちろん利尻昆布シャンプーは、きしむから嫌というのは正直な感想です。

 

安全だというから購入したのに、騙された?

これはアレルギー体質やかぶれる方に多い口コミです。
オークションの利尻昆布シャンプーの出品者で、私は合わなかったからと言っている方がいました。
例えば、昆布アレルギーの方などは、絶対に合わないです。
パッチテストは絶対であり、かぶれないとは書いてありません。
ただ、自然な材料を使っていて、科学的なものはないというだけです。
それでも肌に異常が出てしまうのは仕方のないことでしょう。
パッチテスト後でも体調が悪いと、肌がかゆくなってしまう方もいるようです。
商品詳細ページをご確認ください。

 

デメリットと言うか、シャンプーで染めるという方法、絶対にかぶれないという保証はありません。
ですから、合わない人がいるのは確かですが、自然派clubサスティの商品は、低刺激であること、肌に優しいものであることは確かです。
ヘアカラーやヘアマニキュアで、白髪染めができるのは当たり前です。
しかし、これはシャンプーで染めるという医薬部外品です。
その特徴がオリジナルであり、美容室よりお得、ツンとした香りがないなどで評判になっているものです。
シャンプーとしても毛染めとしてもおすすめ商品です。