利尻昆布 白髪染め 成分

利尻昆布 白髪染め 成分

白髪染めの安全性を語る上で、美容院などでも使われるようなヘアカラー剤、カラーシャンプーでもヘアカラートリートメントなど、白髪ケア商品の種類を問わず、共通して重要となるのはその成分です。

たとえば、いわゆる一般的な市販のヘアカラー剤には、ジアミンという刺激性の強い成分が使用されています。
発色や色持ちの良さなど、髪の毛をカラーする染料としてはすぐれた成分なのですが、刺激が強いためアレルギーを引き起こしてしまうことも多く、そこまでいかなくとも炎症が起こることもあり、特に白髪の毛染めには向いていないと言っても間違いではないでしょう。

白髪のヘアカラーは、生え際との色の差が目立ちやすいので、必然的に部分染めの頻度があがることがひとつの理由です。
髪だけでなく、頭皮にもダメージが与えられてしまいますし、その回数が多ければ症状も重くなる可能性が高いことは明白でしょう。

そこでおすすめなのが、利尻昆布のような、天然成分を使用した無添加の白髪ケア商品というわけです。
たとえば前述したカラートリートメントでは、毛に色を乗せる作用と同時にトリートメントの効果を得ることもできるため、ダメージを与えるどころかヘアケアになります。

カラーシャンプーは、普段使っているシャンプーと置き換えて使うだけで、徐々に白髪が染まっていきます。
界面活性剤のように強い洗浄成分ではなく、おだやかな洗浄感で、肌の健康を損いにくいこともポイントですね。
女性男性問わず、簡単に使いやすい形態です。

天然のエキスには、昆布の他、オドリコソウ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ローマカミツレ花エキス(カミツレ花エキス、カミツレエキスとも)、アルニカ花エキス、アルテア根エキス、ゴボウ根エキス、センブリエキス、ボタンエキス、ローズマリーエキス、オオウメガサソウ葉エキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、オクラエキス、ユズエキス、オランダカラシエキス、など色々あります。

海藻だけでなく、葉や花、根などの成分が役立つのですね。
利尻昆布の成分は、特に保水性や保湿性、補修性にすぐれており、人気となっています。

髪色も、ブラック、ブラウン、ダークブラウン、ライトブラウンなど豊富で、おだやかな染まり方をするものの、その分毎日使用できて安全性が高いというのが何よりの魅力でしょう。

口コミやレビューなど色々なものを参考にし、自分にぴったりの製品を見つけることができればと思います。

販売元の公式サイトから購入すると、お試し価格での入手や、万が一合わなかった際の全額返金保証サービスなど、安心な点が多いのでオススメです。